読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片付けについて思うこと

今日は前の研究室の友達と昼ごはんを食べたあと前の研究室に久々に行ってみた。研究室に新しく来たスタッフはなにやらとてつもないブライトらしいが、その人は本当に机にモノを置かないらしい。なるほど確かに机を見てみると恐ろしいほど物がない、片付いて…

決意

人間を変化させるために最も必要なことは何か。 何か行動を起こすことか? 否 行動を継続することである。 行動を継続することである時パラダイムシフトが起き、不連続的に能力が獲得される。ようなことを経験的に感じているがもうちょい調べて証拠がいりま…

気持ちを伝えること

今日は研究室の教授の先生の誕生日を祝う会が開かれた。助教の先生がケーキを買ってきて、僕らもメッセージカードでも用意しようかと思い生協に向かった。 しかしメッセージカードなど生協にあるはずもなかった、ましてや農学部の生協なぞには。 何か代用は…

音楽の3要素

オーケストラの練習などをする際に気になることがある。 オーケストラが演奏し、指導者がその都度指摘を行うが、その指摘に関する話である。 練習でよく見られる指摘は、 ・ここを縦を揃えて ・ここの音量もっと大きく ・ここの音程を揃えて ・このフレーズ…

自伐型林業

自伐型林業の本読んだ 自伐型林業の可能性を感じ高知県で「土佐の森方式」というスタイルで林業を行っている。 この土佐の森方式とは、国がすすめる高額な高性能林業機械を使って集約的に行う方針と逆行し、簡単な架線集材と小型トラックを用いて、少人数で…

本質

最近古坂大魔王の動画をよく見ている。 古坂大魔王、最高に面白い。 最高に面白すぎるが、テレビにはあまり出ていない。これはなぜか、これは私たちの生き方にも関わってくる大きなテーマである。 まず、芸人として必要なことは何か ・人を笑わせることが大…

火花よんだ

火花作者: 又吉直樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/03/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (154件) を見る 昨日本屋で手に取った火花読んだ。 以前から又吉を見ていて、世間に迎合せずに自分が面白いと思うことに向かっているという点で独特だ…

billsイッツオシャンティートーキョー

まだ人通りもまばらな朝9時過ぎの表参道、東急プラザの7階に上がるとすでに店内は人であふれている。 そうです、billsです bills知らないの?!と激しく驚かれてから1か月、bills初めて先輩と自称月一bills通いマスターの大学の同期(実際は5回目)ととも…

コンビニ人間よんだ

昨日アメトークの「読書芸人」なるものを見て読書をせねばと簡単に感化され、今日は本屋に行ってきた。 最近お金もなくあまり本を読んでいないので本屋にあまり言っていなかったのだが、本屋はやはりわくわくするし良い。 このわくわく感は本屋に行って本屋…

環境省

そろそろ就活せんとまずくね?ということから先週から就活を開始した。 遅いがよくぞやる気に火がついてくれたと喜ばしい気持ち。 やはり人間の細かい部分の大元は0と1からなるスイッチだなあと実感。 逸れた ということで今日は農学部卒の環境省のOBがお話…

魅力的な人間とは

研究室には修士2年の先輩が1人いるわけだが、 人に仕事を振ることと人を信頼することのバランスは重要なのだと日々感じる。 人に仕事を振るということは分業により自分のリソースを他のことに裂けることでチームとして総合的な生産性をあげられるというメリ…

ブログ開設

ブログ開設した。 といっても日記的なポジションで使っていこうと思う。 頭の中を言語化してアウトプットするのにはトレーニングが必要であり自分にはまだトレーニングが足りない。 それには日記をつけて日々思考の整理を行うのはとてもよいのだがひとりで日…